ビジネスバッグの選び方のポイントまとめ

みなさんはどのようにしてビジネスバッグを選んでいますか。

中には見た目などを重視しているという人もいるのではないでしょうか。

ですがビジネスバッグを選ぶ際には、いくつか注意しておいてほしい機能があるのです。

なお、ビジネスバッグ製品の詳細はこちらの記事が参考になります:「私が絶対おすすめするビジネスバッグランキング」

ビジネスバッグを選ぶ際に重要なポイント

ビジネスバッグは仕事で使用するということもあり、どんなカバンでもよいというわけではありません。

当然ですが客先などで人に見られるということを意識しなければいけません。

そこで、ビジネスバッグを購入する際に抑えておくべきポイントをいくつか紹介していきます。

口の大きさ

まず一つ目は、口の大きさです。

いきなり、あまり多くの人がビジネスバッグを選ぶ際に気に留めない部分なのではないでしょうか。

ですが、特にビジネスバッグにおいて、この口の大きさというものは実は重要なポイントなのです。

最近では、仕事上でPCやタブレットなどを使用することが多くなりました。

それに伴い、仕事上でもそれらを持ち運ばなければならない機会も多くなっています。

その際、持ち運ぶためにビジネスバッグが利用できると、新たにカバンなどを用意する必要が無くなります。

また口が大きいと、カバンを開けた際に中身の全体を見渡すことができます。

中身を頻繁に取り出したりしなければいけない場合、とても楽になります。

そのため、特に大きな荷物を持つ可能性がある仕事の場合には、口の大きさを気にしておくのがおすすめです。

ですが、中には口が小さいことによって美しい形状を保つダレスバッグのようなものもあります。

それらを使用する場合には、見た目などを重視するべきかもしれません。

ジッパーについて

続いてビジネスバッグを選ぶ際に気に留めてほしいのは、ジッパー部分についてです。

基本的に皆さんがビジネスバッグを選ぶとなった時に、多くのバッグではジッパーがついていると思います。

ですが、トートバッグの場合にはジッパーがついていないということがあります。

ビジネスバッグの場合、持った状態で電車内に入ったりすることも多いでしょう。

そのような場合に荷物の紛失や盗難を防ぐためにも、ジッパーは必要なのです。

またジッパーがあると、雨天時などにも内容物が濡れてしまうことを防ぐことができます。

ビジネスバッグの場合は、特に重要な書類などが入っていることも多いため、実はその部分も非常に大事な部分なのです。

ジッパーがついている場合にも注意が必要です。

ビジネスバッグは両手がふさがった状態で中身を取り出さなければいけない場面もあります。

そういった場合に、ナイロン生地のバッグであったり、悪いジッパーだった場合にはなかなか開けることができず、両手でなければ開けられないという可能性もあります。

非常に細かいかもしれませんが、そういった部分も確認しておくと、いざという時にすぐに対応することができます。

耐久性

ビジネスバッグは、使用している際にどこかに移動しなければならない場面がよくあります。

特に電車通勤などの場合は、バッグを持ちながら満員電車などの人ごみに会うことも多いです。

そういった場合に、耐久性のある生地のバッグを選んでおかないと、どこかで壊れてしまうということがあるかもしれません。

仕事中に壊れてしまっては、不便さだけでなく、一目という部分でも支障が出てきてしまいます。

そのため、できる限り耐久性のあるものを選ぶと良いでしょう。

耐水性

特に営業職の人は当てはまることですが、ビジネスバッグは雨天であろうと使う必要があります。

雨だからと言ってわざわざ別のカバンを用意するという人もなかなかいないでしょうし、出先で雨が降ったりした場合にも対応しなければいけません。

そういった時に耐水性の弱いものでは、中身の書類が濡れてしまう可能性が高くなります。

仕事中には濡れては困る書類も多いでしょうから、それを防ぐためにも最低限の防水性を持ったカバンを選ぶのが良いでしょう。

特に梅雨などの時期は、いつ雨が降るのか予測できない部分もあるので、耐水性により注意しておくのがおすすめです。

自立するかどうか

相手先などと商談をしたりする場合など、仕事中は常にカバンを置く場所が確保できるというわけではありません。

そこで、地面などにおいた場合にへたれてしまって床などに崩れてしまうと、非常に見た目が悪いです。

場合によってはだらしなさを相手に感じさせてしまうかもしれません。

そのため、ビジネスバッグは自立するものを選ぶべきなのです。

具体的には、底マチがしっかりしているものが良いです。

これはどのタイプのカバンにおいても癒えることですので、自分の使いたい形状の中から、きちんと自立するものを選ぶと良いでしょう。

まとめ

ビジネスバッグはその使用環境上、見た目はもちろんですが、その機能性も非常に大切になってきます。

なくても使用することはできますが、便利に使っていくためには非常に大切な部分です。

ぜひビジネスバッグを選ぶ際には注意してみてください。