キャリーバッグをビジネスバッグとして使用する!注意することはいくつか!

ビジネスバッグというもの、ビジネスウーマンにもビジネスマンにも必須のものとなっています。

何と言っても近年のビジネスには、パソコンやタブレットの使用が不可欠、これを入れるにはこれまでのバッグなどでは小さすぎたりもします。

なのでビジネスバッグがビジネスの必需品となったのですが、これキャリータイプのものを使うとした場合気をつけることはあるのでしょうか。

ビジネスというのはフォーマルなもの

日常の買い物などの場合は、これはカジュアルです。

プライベートのお出かけは、時にカジュアル時にフォーマルになります。

ではビジネスの場合はと言うと、これはフォーマルですね。

たとえフリースタイルで仕事をしている人でも、仕事相手の人に会ったり連絡する場合はフォーマルな態度が求められます。

持ち物や着るものにももちろん、フォーマルイメージのものが求められますね。

確かに仕事によっては特に、そういった縛りがないものもありますが、ほとんどの場合フォーマルを心がけたほうが問題もなく、商談もスムースに運ぶというものです。

堅苦しいようですが、社会で仕事をする場合のお約束でもあるのですね。

なのでビジネスに持っていく、仕事場に持っていくバッグにも、フォーマルさは要求されます。

仕事場がカジュアル感覚のオフィスなら、会社内では特に問題はないこともあります。

しかし会社外になると、ある程度のフォーマルさは必須になってきます。

キャリーバッグもビジネスバッグとして

さてビジネスバッグも今の世の中、1つの形ではなくなってきました。

昔なら男性の場合は、学生鞄とか革のポーチ的なものから始まり、その後アタッシュケースタイプのものまで進化していきました。

そこでまた大きく枝分かれして、ナイロン製の機能性バッグとかバックパックタイプのものまで、種類豊富に使われるようになったのです。

女性の場合は、ハンドバッグに手提げあたりから始まり、現在の主流はトートバッグですね。

多くの資料やパソコンを入れるようになりましたから、手提げのバッグでは取り扱いが面倒になったこともあり、肩から下げることの出来るトートが多く使われています。

ショルダーバッグよりはフォーマル感のあるトートバッグなので、これが広まったのは当然とも言えるでしょう。

そしてこれらに加えて、キャリーバッグタイプのものを使われるようになってきました。

特に多くの資料や見本品など仕事で持っていかなくてはいけない場合、キャリータイプのビジネスバッグは便利ですね。

力に自信のない人でも、これなら重い荷物でも運ぶことが可能です。

とは言え、元々が旅行用のスーツケースですので、あまりフォーマルな感じではないというのは、これも事実です。

キャリーバッグをビジネスバッグとして利用する時に

キャリータイプのバッグをビジネスバッグに利用する際には、普通のバッグ以上に気をつけて使いたいものですね。

見た目がどうしてもカジュアルですので、取り扱いにも注意したいところです。

もちろんカラーには注意を

これはキャリーバッグに限ったことではありませんが、ビジネスバッグの場合無難な色合いのものを選ぶことが大事です。

相手に不快感を与えないような、ソリッドカラーのものが最も適しています。

特に見た目がカジュアルなキャリーバッグの場合、色としてはやはり黒や濃いブルーなどが最も適していますね。

できるだけ色合いで、落ち着いた雰囲気を出していって下さい。

汚れには注意して

キャリーバッグの場合、普通のビジネスバッグと違って地面を引いていきます。

結果、汚れやすいのですね。

特にキャスター部分やバッグの下部には手入れを忘れないようにして下さい。

1日使ったら帰宅してすぐにキャスター部と本体の手入れが必要です。

汚れやすいバッグだということを、心に留めて使うようにしましょう。

カラーとしては明るい色合いのものよりも、暗めのほうが汚れや傷が目立たないのでおすすめです。

キャリーバッグのマナーを守る

キャリーバッグユーザーのマナーが良くないとの評判が絶えません。

身体に引き付けて引くとか、エスカレーターでは手を離さないとか、こうした簡単なマナーでも守る人が少ないというのが世間一般の評価です。

ビジネスで使用する場合、特にこの使用方法についてのマナーはきちんと心得て使って下さい。

カジュアルな時ももちろんですが、特に会社を代表して出かけるのですから、マナーには一層の注意をはらいたいものですね。

最もビジネスバッグとしてキャリーバッグが役立つ時

ではビジネスバッグとして最もキャリーバッグが役立つのは、どんな時でしょうか。

これはズバリ、出張時ですね。

普通のスーツケースでももちろんいいのですが、かっちりとした素材のキャリーバッグなら、着替えのシャツなども皺になりません。

肝心の仕事用の書類なども、折り曲がったりもしません。

見本品が壊れることもありません。

出張の場合なら、キャリーバッグを仕事で相手先に持っていっても、問題はまず起きません。

出張の時にはぜひ、キャリーバッグをビジネスバッグとして利用したいものですね。

まとめ

ビジネスバッグは仕事に使うものですから、それなりの品格なども求められます。

キャリーバッグというのはどうしても、ちょっとカジュアル感覚が強いので使うのが難しいのです。

しかし重い荷物を運ぶのには最適なので、キャリースタイルのバッグをビジネスバッグに使うことも視野に入れてみて下さい。

マナーなど守れば、大変に使い勝手のいいビジネスバッグにってくれますよ。