仕事上の負担を軽減したいなら、できるだけ軽いビジネスバッグが有益な理由

ビジネスバッグには多様な種類があり、高級感の高いものからシンプルなものまで、目的や職場環境に合わせて選ぶことが大切です。

どのような種類を選ぶにせよ、バッグの重さは意識しておきたい部分です。

重量の軽いバッグは使いやすく便利で、ビジネス上に大きく役立つでしょう。

内勤でも外回りでも、機能性の高い利用が可能です。

重いビジネスバッグのデメリット

日常の仕事で、重いビジネスバッグを持ち歩くことはストレスがかかります。

通勤はもちろんですが、特に営業系の仕事で外回りの多い人は、荷物を軽くすることによってフットワークの良さにつながります。

しかし、できるだけ軽くしたいと考えても、荷物の量を減らすには限度があります。

バックの中に入れる必須の書類や小物など、どうしても必要なものがあります。

全体の重量を軽くするためには、ビジネスバッグ自体を軽いものに変えることがおすすめです。

その上で、持ちやすい形のもの、2wayや3wayのものなど、機能性の高いビジネスバッグを選べばさらに移動が楽になるでしょう。

素材と重さの関係

バッグの重さは、素材と密接な関係にあります。

ナイロン素材は重量が軽く、ビジネスのみならず、様々なシーンで気軽に利用しやすい点がメリットです。

ナイロン製と比較して、本革のビジネスバッグは、種類にもよるものの一般的に重量の重さがあります。

高級感がある点が本革のメリットですが、軽いビジネスバッグを使用したい場合は、種類によっては不向きな場合があります。

本革に似た雰囲気のバックとして、合皮を素材にした製品も存在します。

本革のような本格さはありませんが、見た目の高級感があり、本革に比べて価格的にも安くなっています。

もちろん素材だけではなく、バックに付属する備品や金具などで重さも変わってくるため、総合的に判断して選ぶことが大切です。

ナイロン製のビジネスバッグはカジュアルな雰囲気で使いやすい

仕事内容や職種によっても、使用するビジネスバッグに違いがあります。

営業で利用する人は、あまりにカジュアルなビジネスバッグでは対人として不向きな場合があります。

カジュアルな雰囲気が受け入れられる業界の場合もあるため一概には言えませんが、一般的には営業活動を意識してビジネスバッグを選ぶ必要があります。

一方、内勤が中心の人は通勤用として利用するだけです。

そのためカジュアルなバッグや使いやすいバッグなど、純粋に機能性に特化したものを選びやすくなるでしょう。

但し、外回りの人はバッグの見た目も大切ですが、持ち運ぶ回数が多い分、より機能性を重視したバックが必要という見方もできます。

いずれの場合でも、デザインとはまた別の要素として、できるだけ軽いバックを利用する方が日常の荷物のストレスを軽減する効果が高まります。

軽量で使い勝手の良さがナイロン製の特徴

重量の軽いバッグを探す場合は、ナイロン製のものを中心に考えると選びやすくなるでしょう。

ナイロン製は軽量で若い世代にも利用しやすく、どのような用途にも対応できる便利さがあります。

特に外回りが多い人は雨対策も必要ですが、ナイロン製は耐水面でも優れています。

耐久性もしっかり備えていますが、さすがに本革製品に比べれば劣ります。

ナイロン製は本革のような高級感も感じにくいため、高級バックを求める人には適さない部分もあります。

しかし、普段使いとして機能面を重視した人にとっては、より適したビジネスバックと言えます。

リーズナブルな価格帯で、ある程度見た目の高級感を得たいと考える場合は、合皮素材のものも選択肢の一つです。

合皮は本革に比べて重量が軽く、耐水性も備えています。

但し、耐久性に関しては本革よりも劣ります。

本革は使い込むことでよりいっそう味わいに変化をもたらす点が特徴ですが、合皮にはそのような特徴はありません。

ナイロン素材と同じように、使用年数が長くなるほど経年劣化が目立つようになります。

持ちやすいビジネスバッグは軽さを感じる

ビジネスバッグの重さは、持ち方にも大きな影響を受けます。

持ち手の部分が狭いバックでは、手で持ちにくいため重く感じがちです。

また、手提げでは片方の手に全ての重量がかかり、やはり重く感じます。

肩にかけることや背中に背負うことができれば、より軽く持ち運びができるでしょう。

両手が空くことで、その時々の状況に合わせた便利な持ち方が可能になります。

その意味で言っても、3wayのビジネスバッグはとても便利です。

手提げ、肩掛け、リュックという3種類の用途ができる点が3wayタイプの特徴で、特にバックに入れるものが多い人にとっては、持ちやすさの大きなメリットを感じることができます。

持ち方に応じて複数のビジネスパックを購入する人もいますが、最初から全ての持ち方に対応できるものを購入すればその必要はなく、金銭的にもリーズナブルです。

まとめ

使いやすいビジネスバッグは、仕事の効率を高める有益なアイテムです。

デザインは高級感も必要な場合がありますが、普段使いのメリットである機能性の高さを意識した選び方が仕事上に役立ちます。

バックの重量は、意識しておきたいポイントです。

できるだけ軽量なものを選んで、持ち運びの負担を軽くするといいでしょう。